コーティングなどの技術は水回りをピカピカに長く使える場所にします

注目の記事

オススメリンク

清潔に使う

お風呂のカビや皮脂や石鹸カスなどの汚れは、まめに掃除をやっていても、なかなか落ちるものではありません。長年使用している浴室であればなおの事、汚れは頑固にこびりついています。 リフォーム工事を考える方もおられるでしょうが、費用の面を考えるとそう簡単なものではありません。浴槽などを新品に交換することなく、浴室をきれいにする方法はないのでしょうか。 実は大がかりなリフォームをしなくても、コーティングという方法で浴室はきれいに蘇ります。無色透明のコーティング被膜を施すことによって、新品のようなつやが生まれます。また、皮脂や石鹸カスがつきにくくなるので、掃除がしやすくなります。 ただ注意しなければならないのが「無色透明」の被膜という事です。塗装ではないので、色を変える事は出来ません。その点だけは、留意しておいて下さい。

毎日のお風呂掃除で、強力な洗剤を使ってはいませんか。または目の粗いスポンジで、浴槽やゴムパッキンなどをごしごしとこすったりしていませんか。柔らかい素材の部分を強くこする事によって、実は無数の傷がついています。その傷にカビが入りこんで、ますます(カビが)繁殖してしまうという可能性があります。また、湿気の多い地域や梅雨の時期などは、カビ繁殖のリスクが高まります。 また、摩擦で出来た浴槽などの細かい傷に、汚れが入りこむという事もあります。きれいにしようと掃除をしているのに、その行為が汚れの原因になってはいけません。 そこで人気になっているのが、浴室コーティングというわけなのです。浴室コーティングをすることで、防カビ効果や水アカがつきにくくなる効果が望めます。スポンジ等でこすらなくてよくなるので、毎日のお風呂掃除が本当に楽になるのです。浴室コーティング、一度やってみる価値はあるかも知れません。

  

取替えの検討

水回り設備の取り替えは10年に一度見直しが必要とされていますが、キッチンも同じであり、時代によってキッチンシステムの技術は最新のものが取り入れられています。リフォームなどに合わせてデザイン変えを希望する人が多いです。

Read more »

劣化が激しい場所

キッチンは毎日の食事で使います。そのためどうしても劣化してしまうのがキッチンなのです。そこでキッチンリフォームすることでより機能的に、そしてより時間短縮になるのです。

Read more »

急速に増えるトイレ

トイレリフォームの今後の動きはウォシュレットトイレが全世界的に急速に増えていくでしょう。リフォームする際に増えることも考えられますし、それ以外に単にトイレから交換する際も増えていくと思います。

Read more »